武州から遠く離れただいありー

浦和レッズを中心にサカーをまたーりヲチするblogです

言わんとしてることは3割ぐらいわからんでもないのだが

こういうたとえとか推論ってどうなんでしょう。


 バーレーンの人口は約67万人。これは日本の都市では、熊本市の人口に匹敵する。J2に所属するロアッソ熊本が、メンバーを熊本市在住者で構成した場合に限り、バーレーンと対等な関係になる。そう考えて良い。
 ちなみに、岡田ジャパンを倒した流通経済大学は、現在JFL(ジャパンサッカーリーグ=事実上のJ3)で、全18チーム中、8位につけている。つまりロアッソ熊本より実力はワンランク落ちる。バーレーンと同じくらいではないかと想像する理由だ。
 それほど弱いバーレーンに、岡田ジャパンはアジア3次予選のアウェイ戦で、敗戦を喫した。岡田ジャパンへの不安は募るが、一応、敗れた相手は「国」だ。ダメ度では、大学生チームに敗れたことの方が上回るように聞こえる。
 バーレーンと日本との、大小関係が見えにくいことがその原因だ。国対国。代表チーム対代表チームの戦いは、ともすると対等な試合に見える。日本の人口がバーレーンのおよそ190倍、その国土面積がおよそ570倍に相当する大きな国だという意識は芽生えにくい。したがって、番狂わせを喫したというショックも湧きにくい。
 サッカーは番狂わせが起きやすい競技だ。地雷はあちこちに潜んでいる。気をつけていても、踏んでしまう。それがサッカーだ。しかし、人口比でおよそ190倍の差がある国に敗れることは、尋常ではない。日本でサッカーが10番人気のスポーツなら許せる。岸記念体育館の小さな一室に、サッカー協会があった頃の話なら仕方がない。年間予算200億円超。世界でも1、2を争う超ビッグなサッカー協会の支配下にある代表チームが犯したミステイクだ。もっと恥じるべきである。
 今回の予選で日本は、バーレーンの目と鼻の先にあるカタールとも同じ組で戦う。こちらも小国だ。人口は日本のおよそ150分の1(84万人)。国土面積は33分の1に過ぎない。国内でプレイする有力選手を帰化させるなど、やる気は見せているが、それでも本来、日本が勝って当然の相手になる。日本と対等なライバル関係にある国とは言えないのだ。
【番長・杉山茂樹の観戦記】小国バーレーンに負けてはいけないワケ


世界10位の人口の国とそれ以外を比較したら大抵の国は小国でしょうがww
てかそれ以前に最終予選すら出られなかったかの大国のトラウマに塩塗りこんでどうすんだww

まあたしかに国の人口みるとまあ500万切る国でガチで日本よか強そうな国は数えるほどだな。
ノルウェイ、クロアチア、アイルランド共和国、ウルグアイ、ぐらいか。
ガチンコでやったとして、日本がギリギリいい勝負できそうな近年のワールドカップ出場国だとコスタリカ、ジャマイカ、スロベニア、トリニダードトバゴ…かな。

こんな擬似論理で固めるよりは、素直に、日本代表たるものどんな小国と戦っても負けて帰ってくるなんざ許さん、俺たちの代表なんだから、と言い切ったほうがよっぽどすがすがしいというか。


てか、国の人口っておもろいな。

なんでEUがルートコの加盟を正直嫌がるか、とか端的に想像つくし。
てかそもそも日本いま10位なのか、とかブラジウ2億に迫ってるじゃんとかメヒコ1億超えたんだとかフィリピン、ベトナムがなにげに怖いことになってるなとか。

全然関係ないけど、おいらが学生のとき、独逸語の初級の初級な授業で、数の数え方とざっとした独逸やオーストリーの地理、みたいな複合した問題がでて、「独逸には何人の人がいますか」「日本には何人の人がいますか」(直訳)てなことを先生(もち独逸人)が順番に指してくんだけど、独逸の人口答えられないヤシ続出で正直アレだなあと思った。もち先生が一番困ったような悲しい顔してた。おいらまでまわってきて"Es gibt achtzig Millionen Menschen in Deutschland"と答えてことなきを得たってか。

今正確には"zweiundachtzig Millionen Menschen"なのね。

…あんま書くとガクシザーさんみたいなんですっげー気恥ずかしいww
第一この程度の独逸語でww
てか地理の常識でww

(追記)
やっぱり、おすぎさんの、実際のサイズでもサカー的にも「小国」の認識って、欧州シーン(笑)でいうところのルクセンブルクとかアンドラとかリヒテンシュタインとかサンマリノ本物とかフェロー諸島がベースなんじゃないのかなとかオモタ。

でも、これらよりはいくらアジアといえども格が違うだろバレンもカタールも。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/06(土) 02:26:02|
  2. 日本代表A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<とにかく予選ですよ | ホーム | もう予選かよ>>

コメント

かずのマジック

>馬簾と熊本
サカーの普及率がどれくらい違うんだと小一時間。
国見のある長崎県ならまだしも。

>人口
日本語は世界で6番目の大言語である。
©鈴木孝夫「閉ざされた言語日本語の世界」(新潮選書)
といってみるテスト。
  1. 2008/09/06(土) 09:26:38 |
  2. URL |
  3. haruhico #bIkG5DMk
  4. [ 編集]

>haruhicoさん
ですよねー。
みごとに疑似科学というか。
それなら最初から精神論ぶてよと思います。

>日本語は世界で6番目の大言語である。
日本語を話せると、一億人と話せる。ですなw
  1. 2008/09/06(土) 09:47:21 |
  2. URL |
  3. きぐつ #3AWAO2Ic
  4. [ 編集]

最初にこの杉山茂樹さんのコラムを読んだとき、またとんでもない論理を引き出すもんだ、とあきれ返っていたのですが、時間が経って違う見方をすると感心することもありました。

セルジオ越後さんもいってますが、日本は30年前よりサッカー部員の数は増えた。でもそれは補欠の数が増えただけであって公式戦をプレイする人間の数が増えたわけじゃないと。今の若年層も基本トーナメント大会が多く、上手な11人以外はほとんど公式試合を経験することない競技者なのです。そう思えばこれだけ(競技)人口が多いのに、小国に負けるなんてことは情けないことかもしれません。

ただ杉山茂樹がここまで意識して書いたことかどうかはわかりませんが。失礼しました。
  1. 2008/12/29(月) 20:44:13 |
  2. URL |
  3. うぃーあー #-
  4. [ 編集]

>12/29日のうぃーあーさん
コメントありがとうございます。
返事遅れましてすみません。


部活サカーというものの弊害の面ですね。この辺の話とも絡んできますね。

日本サッカー界の根本的な問題
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/naoto/article/141

トーナメント戦、カップ戦ばかりでリーグ戦がない、だからご指摘のとおり経験者と入っても補欠の経験者ばかりで本当の意味での底上げができていない、という。
まあ30年前といえばそもそもサカー部に入ろう、やろう、という子供を引っ張ってくるのが至難の業でしたからね…
ようやく、本当の意味での強化のスタートラインに立てたのかもしれません。
名実ともに日本が大国になるのは、わたしたちの生きてるうちに可能なんでしょうか。
  1. 2009/01/08(木) 00:40:36 |
  2. URL |
  3. きぐつ #3AWAO2Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryankigz.blog88.fc2.com/tb.php/323-2eba32f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ryankigz

Author:ryankigz
gender:野郎
hobby&interests:サカーはじめスポーツヲチ、そしてblogヲチ
ついった

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる