武州から遠く離れただいありー

浦和レッズを中心にサカーをまたーりヲチするblogです

ブラジウ2014の日本

ブラジウ2014の日本
GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ(BEL))
西川周作(浦和レッドダイヤモンズ)
権田修一(FC東京)
DF
今野泰幸(ガンバ大阪)
内田篤人(シャルケ04(GER))
森重真人(FC東京)
伊野波雅彦(ジュビロ磐田)
吉田麻也(サウサンプトンFC(ENG))
長友佑都(インテルナツィオナーレ(ITA))
酒井宏樹(ハノーファー96(GER))
酒井高徳(VfBシュツットガルト(GER))
MF
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
ガチャピン(ガンバ大阪)
長谷部誠(1.FCニュルンベルク(GER))
山口蛍(セレッソ大阪)
FW
大久保嘉人(川崎フロンターレ)
齋藤学(横浜Fマリノス)
本田圭佑(ACミラン(ITA))
岡崎慎司(マインツ05(GER))
香川真司(マンチェスター・ユナイテッド(ENG))
柿谷曜一朗(セレッソ大阪)
清武弘嗣(1.FCニュルンベルク(GER))
大迫勇也(1860モナコ(GER))

リザーブ
GK
林卓人(サンフレッチェ広島)
DF
駒野友一(ジュビロ磐田)
水本裕貴(サンフレッチェ広島)
MF
中村憲剛(川崎フロンターレ)
細貝萌(ヘルタ・ベルリン(GER))
FW
南野拓実(セレッソ大阪)
豊田陽平(サガン鳥栖)

スポンサーサイト
  1. 2014/05/18(日) 03:09:17|
  2. 日本代表A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタール仕事(6)

返り咲き:2011アジアカップ ファイナル
日本 1(a.e.t.)0 オーストラリア atカリファ・スタディアム、ドーハ
日本の得点:109分李忠成

日本
GK1:どやどやどやどや
DF22:吉田麻也
DF4:今野泰幸
DF5:長友佑都
DF6:内田篤人(120分-2:伊野波雅彦)
MF17:長谷部誠
MF7:ガチャピン
MF14:藤本淳吾(56分-3:岩政大樹)
MF18:本田圭佑
FW9:岡崎慎司
FW11:前田遼一(98分-19:李忠成)


オーストラリア
GK1:マーク・シュウォーツァー
DF2:ルーカス・ニール
DF4:サーシャ・オグネノフスキ
DF3:デイヴィッド・カーニー
DF8:ルーク・ウィルクシャー
MF16:カール・ヴァレリ
MF15:マイル・ジェディナク
MF14:ブレット・ホルマン(65分-7:ブレット・エマートン)
MF17:マット・マッカイ
FW4:ティモシー・ケイヒル(110分-22:ネイル・キケニー)
FW10:ハリー・キューウェル(103分-23:ロビー・クルーズ)

主審:ラフシャン・イルマトフ(UZB)


※日本、4度目のアジアカップ優勝。
2013年コンフェデレーションズカップ出場権を獲得。

やってきました決勝戦。
香川は骨折で離脱。
結局ザックはそのかわりに藤本を入れる決断。

試合前、オジェックが"アドバンスオーストラリアフェア"歌っててちょっとびっくりしたw
カナダ代表コーチのときは"オーカナダ"歌ってたんかね。

まあフィジカル勝負で厳しい厳しいとは思っていたが、ほんとにそういう放り込みでドンやってくるかねオジェックw
ただほんとケイヒルとキューウェルやその後ろが年寄りで助かった。
基本4年前みた名前だもんな。
あれ外すか?ってシュートを外したり川島さんにぶつけたり。
日本は日本で前半は我慢とは思ってたけど、動けんなー、とも。
藤本にいきなり香川になれってのもまた違うしね。
本田さんが持てるけど結構奪われててピンチになってることも多かった。
しかしイルマトフはほんと流すなー。

後半も中盤滞っててかつこのままじゃフィジカル勝負をもう続けられんとみたザック、藤本outでなんと岩政先生in。
今ちゃんを左SBにずらして長友さんを前に上げる、と。
そしたら長友・岡崎大作戦で日本活性化。
チャンスを作り始める。
しかし後半の後半は足が動かず、またもやオージーのケイヒル大作戦に振り回されて延長。

延長も正直振り回されてあぶねーのを川島さんが2,3回は止める中、シュートあまり打てなかった前田に代えて李忠成を入れるザック。
そしたらまあ。
長友が左サイドチャレンジしてクロス。放物線はどういうわけかDFも誰もついていないチュンソンに。
李さんはそりゃ合わせますわな左足振りぬきますわな。スパーン、とゴールの中に。日本先制。
ここまで大過はなかったオージーのとてつもないミスというかエアポケットに侵入してドンですよあなた。

ここからは試合を殺します。準決勝で殺しきれなかったんで今日は気をつけてヌッ頃します。
そして試合終了。日本、久々にオージーに勝利。90分はもちろん120分間でもここんとこ勝ててなかったんで。
ってより、2001年コンフェデ以来じゃね?オージーに試合時間中にきっちり勝ったのって。
でもってあのとき確かシュウォーツァーとエマートンはいたぞ。

スピラノビッチは結局出場なし?むー。きばれ。

とにかくアジア王者ですよ。いきなりでできすぎですよ。
ここまでやれるとは思ってなかった。
しぶとい代表になったもんだ。
この調子でお願いします。


  1. 2011/01/30(日) 05:00:00|
  2. 日本代表A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタール仕事(5)

だからこれがアジアだってwww:2011アジアカップ セミファイナル
日本 2(3 PSO 0)2 レプブリクコリー atアルガラファ・スタディアム、ドーハ
日本の得点:36分前田遼一、97分本田さんリゴーレ大失敗のあと細貝萌
ウリナラの得点:23分pk寄誠庸、120分黄載元

PSO
JPN:本田△○、岡崎○、長友×、今野○
KOR:具滋哲×、李容來×、洪正好×

日本
GK1:どやどやどやどや
DF3:岩政大樹
DF4:今野泰幸
DF5:長友佑都
DF6:内田篤人
MF17:長谷部誠(117分-15:なにしにきたんだ)
MF7:ガチャピン
MF10:香川真司(87分-13:細貝萌)
MF18:本田圭佑
FW9:岡崎慎司
FW11:前田遼一(105分-2:伊野波雅彦)

REPコリア
GK1:鄭成龍
DF3:黄載元
DF4:趙容亨(98分-20:金信)
DF12:李榮杓
DF22:車ドゥリ
MF16:おまえほんとなにやってんだよ
MF6:李容來
MF7:朴智星
MF13:具滋哲
FW17:李菁龍(82分-11:孫興民)
FW10:池東源(66分-15:洪正好)


しっかしまあそのアレでナニな。
・試合は立ち上がりは思ったより韓国も出てこなくてそこそここっちがいい感じに攻めてた。
・と思ったら23分あのタックルでPKかいな。
・審判の例によって不安定というか基準がよくわからない笛。
・と思ったら左サイドの車ドゥリの裏を長友がとれるようになる。
・前田の同点は必然だな。
・でもその後の明らかにプレゼントなパスははずすのは前田。
・後半。韓国はさすがに修正。
・その修正パッチを破れずお付き合いして消耗する日本。とくに右サイド。
・エクストラタイム。相変わらず消耗してるなー、あ、カウンターで岡崎抜けた!倒された!PK?wwww
帳尻あわせキタ――(゚∀゚)――!!ってもんよww
・その帳尻合わせでまた本田さんかよwwまた真ん中かよwww
・ほんとに真ん中蹴りやがったwwやっぱ止められたwwと思ったらはじめーーーー!!
・実はPKのあと全力で詰めるんだよね萌。
・そのあと露骨に5バックで守り倒すぞサインを出すザック。
・しかし「守り倒す」と「ズルズル下がる」の区別がつかない日本イレブン。
・でもって本田拓也投入。と思ったらペナルティアークそばでいらんファウルでFK献上。おまいはいままで何を見ていた。
・FKのパワープレイこぼれをつめられて同点。いや、あんたらもすごいよ。

そしてエクストラ終了。ペナルティシュートアウト。
・1番手がまたしても本田さんwwwいやあんたすごいよ。決めたw
・川島さんがここで大活躍。いきなしとめたw
・2番手は岡崎。きっちり。
・川島さんまた止めるwwどやww
・3番手は長友。上を狙ってしまった。しゃあない。
・そして今度は顔でコース曲げたか川島さん?w
・4番手は今野。今日最後のいい仕事が回ってきました。きめたー。

日本は決勝に行きます。

(追記)
寄誠庸さんのアレ、あの瞬間気づいたのはシオカニスタとかそのぐらいだと思います。
言い訳の二転三転ぶりにはあきれましたが救いは少なからず祖国や周囲の人が批判・苦言を呈していることかな。
まあ二度とこういうことしないように。


  1. 2011/01/26(水) 02:00:00|
  2. 日本代表A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタール仕事(4)

これがアジアカップだw:2011アジアカップ クォーターファイナル
日本 3-2 カタール atアルガラファ・スタディアム、ドーハ
日本の得点:29分&71分香川真司、90分伊野波雅彦
カタールの得点:13分セバスチャン・キンタナ、63分ファビオ・セザール・モンテシン

日本
GK1:川島永嗣
(63分黄紙2枚)DF22:吉田麻也
DF4:今野泰幸
DF5:長友佑都
DF2:伊野波雅彦
MF17:長谷部誠
MF7:ガチャピン
MF10:香川真司(90+3分-20:永田充)
MF18:本田圭佑
FW9:岡崎慎司
FW11:前田遼一(64分-3:岩政大樹)

しかしまあなんちゅうかその。
途中何度か2004年の済南のバーレイン戦を思い出しました。
今回はそれより早く追いつけてかつ90分以内に逆転できましたが。
失点にいくばくか責任のあるDFが決めてチャラにする、ってのもあのときみたいで。
本田△やガチャや香川が薙ぎ倒されてもセルフジャッジせずに詰めてたのはえらかった。伊野波。

吉田は2枚目のはあれは出るな。
しかしその直後のFKの壁はどうかねえ。

とりあえず香川さん覚醒ということでいいんでしょうか。
岡崎さんは男の子誕生おめでとうございます。
そして、永田君7年ぶりのA代表復帰おめでとう。


  1. 2011/01/22(土) 03:00:00|
  2. 日本代表A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタール仕事(3)

夢のスコアktkr:2011アジアカップ Group B 第3節
日本 5-0 サウディアラビア atアルライヤン・スタディアム
日本の得点:8分&13分&80分岡崎慎司、19分&51分前田遼一


日本
GK21:西川周作
DF22:吉田麻也(63分-3:岩政大樹)
DF4:今野泰幸
DF5:長友佑都
DF6:内田篤人(46分-2:伊野波雅彦)
MF17:長谷部誠
MF7:ガチャピン(87分-15:本田拓也)
MF10:香川真司
MF16:柏木陽介
FW9:岡崎慎司
FW11:前田遼一

まさかのオデヨン。サウジ相手に。

  1. 2011/01/18(火) 02:00:00|
  2. 日本代表A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ryankigz

Author:ryankigz
gender:野郎
hobby&interests:サカーはじめスポーツヲチ、そしてblogヲチ
ついった

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる